【一戸建てVSマンション】子育て世代はどちらを選ぶべき?

公開日:2022/09/05

「一戸建とマンション、どちらが子育てには向いているか分からない」このように悩んではいませんか?この記事では、一戸建てとマンションのメリットとデメリットをご紹介しています。子育て世代にとって重要な一戸建てとマンションの特徴も紹介しているので、ぜひ住居選びの参考にしてください。

経験者のリアルな意見から見えてくるメリット・デメリット

まず一戸建てとマンションに住む一般的なメリットとデメリットを、経験者のリアルな意見も踏まえてご紹介します。

一戸建てのメリット

一戸建てのメリットとして挙げられるのが、居住スペースの広さです。一戸建ては二階建てになることが多く、間取りが広くなります。大人数で住めたり、収納スペースを多く確保できたりすることが魅力です。庭もあるため「バーベキューができて楽しい」といった意見も出ています。

また、家そのものが持ち主の資産のため、自由にリフォームや建て替えができることもメリットの1つです。子ども部屋が必要になったときなど、ライフスタイルの変化に応じて、自由なタイミングに間取りを変更することができます。

一戸建てのデメリット

デメリットとしては、マンションに比べて居住スペースが広くなることから、維持管理に手がかかることです。部屋数も多くなるため「移動や掃除が大変」という意見が多くなっています。また一戸建ては、維持管理がすべて持ち主の責任になることも特徴の1つです。将来的に建物の修繕になることに備えて、計画的な資金管理が必要になるという手間がかかります。

マンションのメリット

マンションのメリットは共用部分の管理が手間がかからないことです。住民が共同で使用するエントランスや階段、外壁などのメンテナンスは管理会社が行ってくれます。そのほかのマンションのメリットは、一般的にワンフロアで生活できることです。そのため「家事導線が短くなって掃除や洗濯がラク」や「子どもの面倒が見やすい」といった意見が出ています。

マンションのデメリット

マンションのデメリットとして挙げられるのは、管理費や修繕積立金がかかることです。共用スペースを維持管理していくためにも、毎月必要となる経費を準備しなければなりません。

またリフォームの自由度の低さもデメリットの1つでしょう。マンションの規約にリフォームに関するルールがある場合は、規約に準じたリフォームに制限されます。また規約によっては、生き物の飼育を禁止しているものもあり、ペット好きの方は注意しなければなりません。

防音性や防犯性など多角的な視点から比較してみよう

子育て世代は防音性や防犯性といった視点から、一戸建てとマンションの特徴を比較することをおすすめします。

防音性

マンションは集合住宅のため、生活音に配慮する必要があります。たとえば階段を降りる足音など、近隣住民にとって騒音にならないか気をつけなければなりません。楽器の演奏が趣味であれば、その楽器音も同じく注意しましょう。さらに子どもがいる場合、遊んでいる子どもが駆け回るときの足音や、赤ちゃんの泣き声にも気を使う必要があります。

マンションの防音性は建物の構造により変わります。子育て世代は近隣に伝わる生活音に一層配慮する必要があるため、マンションを選ぶ際、防音性がどれほどあるかも重要なポイントです。一戸建ての場合は、建物の防音性をそこまで気にする必要がありません。建物同士が接していないため、生活音に対して過度に気を使う必要がないことはうれしい点です。

防犯性

子どもがいる場合、住宅の防犯性はとても大切です。マンションであれば、玄関がオートロックであったり、管理人が常駐していたりとセキュリティ面で安心ができます。もちろんマンションによって防犯性の高さは異なりますが、不審者から子どもを守れることはマンションの強みです。

一戸建ての場合、玄関や窓などがマンションよりも多く、防犯性には不安が残ります。ただし、持ち主の裁量で防犯カメラを設置したり、堅牢な鍵に付け替えたりと、ご自身でセキュリティを強化できる一面もあります。

その他

子どもが友達と遊びやすいかについても、一戸建てとマンションでは特徴が異なります。一戸建てであれば子どもの友達をいつでも呼ぶことができ、多少騒いだとしても騒音を気にする必要はありません。

マンションの場合、ロビーなどのコミュニティスペースがあれば、そこに友達同士で集まることができます。同じマンションに友達が住んでいれば、すぐに集まって遊ぶことができること魅力です。

子育て世代には結局どちらがよいのか

子育て世代にとって、一戸建てとマンションのどちらが適しているかという問題に正解はありません。どのような子育てをしたいかを判断基準に、一戸建てとマンションの特徴を比較する必要があります。生活音などを気にせずに、子どもがのびのびと遊べるような空間を重視するのであれば、一戸建てが向いているといえるでしょう。安全面に配慮した子育てがしたい場合は、防犯性の高いマンションが適しています。

ただし、これらは一例にすぎません。まず子育てをする上で、ご自身が住居に求める機能を洗い出してみましょう。優先度が高い機能と、一戸建てとマンションの特徴を照らし合わせて、より合致しているのはどちらかを確認することが大切です。

まとめ

今回は子育て世代に向けて、一戸建てとマンションのメリットとデメリットをご紹介しました。子育てという観点からも、一戸建てとマンションには、それぞれメリットとデメリットがあります。ご自身がどのような子育てをしたいか整理しておくことが重要です。この記事の内容を参考に、ご自身にぴったりの住居を選んでください。

【兵庫県】おすすめ新築一戸建て不動産5選

イメージ
会社名ハウジングプラザ阪神近畿住宅流通アクロスコーポレイションフロンティア不動産販売エフエムホーム
特徴兵庫在住スタッフがサポート!物件数が多く、住宅ローンに強い不動産会社くつろげる店内で楽しく家探し。近畿地方№1の地元に強い不動産業者信頼度地域№1のプロフェッショナルが在籍。夢を現実に変えてくれる会社経験豊富で実績のあるスタッフが在籍。広々とした店内にはキッズコーナー完備地域密着型の不動産会社。住宅ローンや物件紹介が強み
詳細リンク

おすすめ関連記事